【剣盾シーズン5シングル最終8位】ロンゲ厨パ

ヴァーパッドです。

今回使用した構築を紹介します。
f:id:vaapad007:20200502172330j:plain

【構築経緯】
現環境最強のポケモンであるドラパルトを始めさまざまなダイマックスエースを機能停止にできる「こうこうのしっぽ」を持ったオーロンゲに着目するところからスタート。
次にオーロンゲのサポートから詰めの起点にできるアッキピクシーを入れ、電気の一貫を切りミミッキュに強めの襷枠としてドリュウズを採用。
初手に呼びやすいドリュウズカバルドンナットレイなどを機能停止にしつつキッスなどにも隙を見せない強力なこちらの初手要因としてラムのみを持った鬼火電磁波両採用のドラパルトを採用した。
残りの2枠は、シーズン中盤流行ったナット入りの雨展開などに強い型破りの珠ルチャブル、その補完としてチョッキ水ロトムやチョッキラプラス、チョッキランターンを採用したり、火力を押し付けられる鉢巻きヒヒダルマと珠ギャラドスを採用するなど色々試行錯誤したが、最終的には高火力で受けポケモンを誘い狩りしやすく対面性能も高い珠持ちのキョダイラプラス、初手のラプラスのキョダイマックスで場荒らししたあとに相手のダイマックスポケモンのターン数を枯らしながら火力を向上できるチイラ持ちのミミッキュを採用した。

f:id:vaapad007:20200502163504p:plain
オーロンゲ@こうこうのしっぽ

特性:いたずらごころ 性格:わんぱく(ミント使用個体-元は性格:すなお)

技構成:ソウルクラッシュ、リフレクター、ちょうはつ、トリック

実数値:201(244)-140-111(124)-×-113(140)-80

調整:
HB方面無補正A252振り珠ミミッキュのじゃれつく高乱数耐え
HD方面特化ガルドのラスターカノン確定耐え

この枠はドラパルトへの切り返しとして欠伸持ちの残飯カビゴン、鬼火ガオガエンなどにも変えて使用していたがドラパルトに対しての切り返しが最も優秀なのはこのポケモンであり、環境そのもののクッション欠伸カビゴンに対するラム持ちによる過剰なメタ張りを感じたためそれらにも強いオーロンゲを採用して正解だった。
ちなみに恩恵はほぼ受けないがキョダイマックス個体を使用している。

f:id:vaapad007:20200502165009p:plain
ピクシー@アッキのみ

特性:てんねん 性格:ずぶとい

技構成:ムーンフォースつきのひかり、めいそう、かえんほうしゃ

実数値:202(244)-×-137(252)-116(4)-111(4)-81(4)

調整:HBほぼ特化

ダイマックスエースと最も相性のいいアイテムである弱点保険を無効化したり、特性自信過剰などで火力が上がったギャラドスのストッパーになるところが魅力的な反面、追加効果や一撃技、急所の試行などを稼がせてしまうためなかなか机上論通りに強いとは言い切れないポケモン
それでもオーロンゲやドラパルトのサポートからの展開はかなり強力だった。

f:id:vaapad007:20200204151304j:plain
ドリュウズきあいのタスキ

特性:かたやぶり 性格:ようき

技構成:じしん、がんせきふうじ、アイアンヘッド、つのドリル

実数値:185-187(252)-81(4)-×-85-154(252)

調整:ASぶっぱ

特出して挙げることはないが優秀な襷枠。
高確率でミラーの同速勝負を呼んでしまうため要注意。
技構成は、じしん、がんせきふうじ、アイアンヘッドまでは確定だが、残り1枠はつるぎのまいステルスロックなども検討の余地はアリ。

f:id:vaapad007:20200204144437p:plain
ドラパルト@ラムのみ

特性:すりぬけ 性格:ひかえめ

技構成:たたりめ、りゅうせいぐん、おにび、でんじは

実数値:193(236)-×-105(76)-155(164)-96(4)-166(28)

調整:
S最速サザンドラ抜き
HB方面無補正A252振り珠+2ミミッキュの影うち確定耐え、特化カビゴンダイマックスDDラリアットを高乱数耐え
HD方面無補正C252のトゲキッスマジカルシャイン耐え
C鬼火ダメージ×2+状態異常祟り目二発でオボン持ちHBカバルドン確定

火力に厚く振った鬼火祟り目ドラパルト。
相手の状態異常技の一貫を切りつつ鬼火や電磁波などで場荒らしできるほか、ダイドラグーン、ダイホロウ、ダイウォールなどのダイマックス技も優秀なので隠れダイマックスエースとしても活躍してくれた。
電磁波は相手のSや行動回数を奪うだけでなく、相手が本来試合の展開上、ダイマックスを切る予定だったであろうポケモンダイマックスを切らせない(渋らせる)こともできたので非常に重宝した。

f:id:vaapad007:20200502165038p:plain
ラプラス@いのちのたま

特性:ちょすい 性格:ひかえめ

技構成:うたかたのアリアフリーズドライ、かみなり、ぜったいれいど

実数値:207(12)-×-101(4)-148(236)-116(4)-112(252)

調整:
HP16n-1調整
Cほぼ特化
S準速

最強クラスの対面性能をほこり、受けも許さないダイマックスエース。3ターンしかないダイマックスターンをいかに使うかが重要。
キョダイセンリツでピクシーのサポートもできるほか、ドラパルトの対面性能を飛躍的に向上できたり非常に優秀なポケモンだった。

f:id:vaapad007:20200204151242j:plain
ミミッキュ@チイラのみ

特性:ばけのかわ 性格:ようき

技構成:じゃれつく、みがわり、のろい、かげうち

実数値:132(12)-142(244)-×-100-125-162(252)

調整:
ASほぼぶっぱ
Hみがわり3回でチイラが発動する4n

身代わりで相手のダイマックスターンを枯らしながら火力を上げれるのも魅力的だが、のろいによる流し性能、詰ませ性能もかなり優秀。
ただ素の火力だけは信用できないので、性格を意地っ張りにするなどの検討の余地はある。

【レンタルパーティ】
f:id:vaapad007:20200502172419j:plain

【選出】
試合展開上、先にダイマックスを切るパターンと後にダイマックスを切るパターンの大きく二つに分けられる。

・先にダイマックスを切るパターン

ラプラス+ミミッキュ+ドリュウズ
ラプラス+ドラパルト+ドリュウズ
ラプラス+ドラパルト+ミミッキュ

ラプラスダイマックスを切りながら裏の対面性能の高いポケモンで押しきる

ラプラス+ミミッキュ+ピクシー
ラプラス+ピクシー+ドリュウズ

キョダイセンリツのピクシーの積みのサポートからのミミッキュドリュウズの対面性能で押しきり。
ラプラス+ミミッキュでラスト1体まで追いつめ呪い+ピクシーで詰ませる。

・後にダイマックスを温存するパターン

ドラパルト+オーロンゲ+ピクシー
ドラパルト+オーロンゲ+ラプラス

ドラパルトを初手に置き場荒らしをしながらエースに繋ぎ相手のダイマックスに合わせてオーロンゲのサポートを入れて再びエースに繋ぎダイマックスでしめる。
展開を間違えるとラス1にサポートロンゲだけが残される事があるので立ち回りは要注意。

ドリュウズ+オーロンゲ+ピクシー
ドリュウズ+オーロンゲ+ラプラス

ドリュウズとオーロンゲの補完を利用しながらダイマックスエースに繋ぐ展開。

オーロンゲ+エース+ドリュウズ
オーロンゲ+エース+ミミッキュ
オーロンゲ+ダブルエース

先発にヒヒダルマが予想される場合は積極的にオーロンゲから入って壁と尻尾トリックから展開する。

【結果】
f:id:vaapad007:20200502172504j:plain


ここまで読んでいただきありがとうございました!

追記 ドラパルトのD実数値に表記ミスがあったため修正。
D実数値95(4)→96(4)

【剣盾シーズン4シングル最終17位】カバドリBurnout

ヴァーパッドです。
今回使用した構築を紹介します。

f:id:vaapad007:20200402175533j:plain

【構築経緯】
シーズン当初は解禁されたキョダイラプラス入りが強いと思いラプラスを使っていたが、キョダイラプラスに対してかなりメタを張られていることが多く、中でもダイアースで耐久をあげながら弱点保険で切り返せるダイマックスすなかきドリュウズが相手にしていて一番きつかったのでラプラス環境を勝ち抜くためにそのドリュウズをエースに採用し、ドリュウズのサポートとして相性がよく相手のドラパルト、カビゴンドリュウズ、パッチラゴンなどに対しての切り返しがきくカバルドンを採用。
それからカバドリと並べて水が一貫してしまうためチョッキ持ちの水ロトムを、相手のギャラドスの一貫を切るためにナットレイを入れ、残りの二枠はシーズン2にてアーモンドさんが使用していた構築、異物混入ミトムナット(https://almond-beginer-1500-ibaru.hatenablog.com/entry/2020/02/01/092907)よりミトムナットと相性のいいスカーフ持ちのエースバーンを、状態異常の一貫を切りドリュウズを通せない構築に対して選出していく裏のダイマックス積みエースとしてラム持ちのトゲキッスを採用した。

【単体紹介】

f:id:vaapad007:20200402182825j:plain

ドリュウズじゃくてんほけん

特性:すなかき 性格:いじっぱり

技構成:じしん、アイアンヘッドいわなだれつるぎのまい

実数値::185-205(252)-95(116)-×-85-126(140)

調整::A特化 HB方面A特化ドリュウズのダイアース最高乱数切り耐え 残りS
サックーさんがシーズン1に使った脳筋カバドリスタン(https://sakku-poke.hatenablog.com/entry/2020/01/01/103512)のドリュウズを参考にした。

この構築の要のダイマックスエース。
砂ターン管理がかなり難しくカバルドンを上手く温存し、ダイマックスのタイミングを伺いながら戦った。
弱点保険は発動の機会も多く相手のダイマックスとの殴り合いも制しやすくなるためかなり強力なアイテムだと感じた。

f:id:vaapad007:20200402185955p:plain

カバルドン@オボンのみ

特性:すなおこし 性格:わんぱく

技構成:じしん、あくび、ステルスロック、ふきとばし

実数値:215(252)-132-187(252)-×-93(4)-67

調整:HBぶっぱ

起点作り兼相手の物理流し。
当初はDラインをオボン込みで眼鏡ドラパルトのシャドーボールを確定2発耐えまで引き上げる予定だったが、試運転段階でHBに特化したカバルドンを使った結果、これ以上物理方面の耐久ラインを下げると相手の物理を流すという最低限の役割を遂行できなくなると判断したためそちらの採用は見送りHB特化のまま最終日まで使用していた。

f:id:vaapad007:20200402190008p:plain

ナットレイ@たべのこし

特性:てつのトゲ 性格:のんき

技構成:ジャイロボール、やどりぎのたね、てっぺき、ボディプレス

実数値:181(252)-114-201(252)-×-137(4)-23(個体値2~3)

調整:HB特化 S個体値ミラー意識の最遅+1

ギャラドスの一貫を切るために入れたが意地っ張り球ギャラドスを受けきれないため要検討枠。
最初は最遅個体を使用していたが最終日に近づくにつれナットミラーが多発したため最終日に限って個体値を最遅の実数値+1のナットレイを使用し鉄壁ボディプレス型ミラーの積み合いに強くした。

f:id:vaapad007:20200402182750j:plain

ロトムとつげきチョッキ

特性:ふゆう 性格:ひかえめ

技構成:ほうでん、あくのはどうハイドロポンプボルトチェンジ

実数値:157(252)-×-127-165(196)-127-114(60)

調整:Hぶっぱ C11n調整 S準速ラプラス抜き+1 準速バンギラス抜き

個人的にカバドリと最も相性がいいと思っているチョッキ型の水ロトム
相手の初手の水ロトムにあわせやすく、ミラーはボルトチェンジで居座られるため素早さは少しでも多く振り、先に放電で削りを入れることで後続のダイマックスエースのドリュウズトゲキッスの一貫を作りやすくした。
また、このSラインより早い水ロトムはスカーフか眼鏡が多く、カバドリで電気の一貫を、チョッキロトムで水の一貫をきり相手のダイマックスを誘発することによりこちらのダイマックスエースを通しやすくすることも可能。
相手の水ロトムの他にも初手に来やすいトゲキッスカバルドンラプラスなどにも強くでれるためかなり重宝した。

f:id:vaapad007:20200402185732p:plain

エースバーン@こだわりスカーフ

特性:もうか 性格:いじっぱり

技構成:かえんボール、とんぼがえり、コートチェンジ、とびひざげり

実数値:155-184(252)-96(4)-×-95-171(252)

調整:ASぶっぱ

スカーフヒヒダルマの上を取れてかえんボールで一撃で落とせるスカーフ持ち。火力を最大まであげるために性格は意地っ張りで努力値はAに特化させ、残りは準速まで引き上げることにより雨下の準速カジリガメまで抜けるため素早さに振り切った。
スカーフ枠としてでなくダイバーンやダイナックルで火力を底上げしたり、ダイワームやダイウォールで相手のダイマックスをいなせるためダイマックスエースとしても活躍してくれた。

f:id:vaapad007:20200402182808j:plain

トゲキッス@ラムのみ

特性:てんのめぐみ 性格:おくびょう

技構成:エアスラッシュマジカルシャイン、わるだくみ、だいもんじ

実数値:161(4)-×-115-172(252)-135-145(252)

調整:CSぶっぱ

ドリュウズを通せないアーマーガア入りなどに選出していくダイマックスエース。
状態異常の一貫を切るためにラムを持たせているが発動機会は薄かったため検討の余地あり。
裏のポケモンを耐久に寄せたポケモンで固めているためダイマックスを強引に切らずにそのまま退けるなどダイマックス温存の択も残せるため構築の補完的な相性もかなり強かった。


【レンタルパーティ】
f:id:vaapad007:20200402175512j:plain

基本選出は
ロトムカバルドンドリュウズ

ドリュウズが通せない構築は
ロトムカバルドントゲキッス

ギャラドス入りに対しては上手くナットレイを選出に絡めていく。
ヒヒダルマ入りやカットロトム入りに対してはエースバーンを先発に、クッション+エースや受け二枚の構図を作る。

【結果】
f:id:vaapad007:20200402175448j:plain


ここまで読んでいただきありがとうございました!

【剣盾シーズン2シングル最終6位】デブミトムコントロールスタン

はじめまして、ヴァーパッドと申すものです。
ランクバトルS2シングルバトルにて最終6位を達成した構築を紹介したいと思います。

f:id:vaapad007:20200204171456j:plain

【構築経緯】
最初はドラパルト+ミミッキュ+襷+ダイマックスエース×3の対面構築を使用していたが、相手のダイマックスエースに切り返された場合そのまま押しきられることが多く、相手のダイマックスエースにクッションとして投げれるカビゴン、補完のクッションとしてウォッシュロトムを採用。
他はドラパルト+ミミッキュはそのままでカバルドンなどの欠伸展開の対策としてラムのみを持ったトゲキッス、電気の一貫を切り相手のミミッキュに強いドリュウズを採用した。

【単体紹介】

f:id:vaapad007:20200204151903p:plain
カビゴン@フィラのみ

特性:くいしんぼう 性格:いじっぱり

技構成:のしかかり、ヘビーボンバー、あくび、ほのおのパンチ

実数値:255(156)-143-117(252)- × -143(100)-50

調整:H16n-1調整、A11n(下記のブログを参照にした)
http://sushipoke.hatenablog.com/entry/2020/01/02/170500

先発で出した場合、あくびによる流しからの相手の選出を見ながら対面操作できる。
裏から投げる場合、相手のダイマックスポケモンに繰り出してあくびで切り返す。
また、こちらもダイマックスを切ってダイマックス同士の殴り合いも制していくなどゲームプランごとに幅広い役割に対応できる最強の万能ポケモン
この構築ではキョダイマックス個体で使用しているが相手の素早さを下げて詰め筋に使える通常ダイマックス個体もアリ。

f:id:vaapad007:20200204151218j:plain
ロトム@オボンのみ

特性:ふゆう 性格:ずぶとい

技構成:10まんボルト、ハイドロポンプ、おにび、ボルトチェンジ

実数値:157(252)-×-174(252)-125-128(4)-106

調整:HB特化 オボン込みで特化ルチャブルの珠インファイト2発耐え(確定3発)

アーマーガアを受けたり先発のヒヒダルマにあわせて鬼火をまいたりする。
鬼火を外したら即負けに直結するポケモンだと思っていたが上手く裏のダイマックスを通せば切り返せる試合が多かったため技外しを割りきって積極的に鬼火を押していた。


f:id:vaapad007:20200204144437p:plain
ドラパルト@こだわりメガネ

特性:すりぬけ 性格:ひかえめ

技構成:シャドーボールりゅうせいぐんかえんほうしゃ、10まんボルト

実数値:179(124)-×-95-167(252)-95-179(132)

調整:C特化 最速110族抜き(アイアント+2) 残りH

ダイマックスで広範囲と殴りあったり高火力で受けに負荷をかけていく。
高火力で受けを許さないアイアントを上から叩いたりする高速アタッカーであり、エルフーンサザンドラなどの身代わり持ちや壁構築にも強い特性すり抜け持ち。
当初はヒヒダルマの上をとるためにスカーフで使用していたが大文字を耐えるヒヒダルマに返り討ちにあったり、弱点保険ドラパルトの起点にされたり相手のサイクルに負荷をかけれないため眼鏡に変更した。

f:id:vaapad007:20200204151242j:plain
ミミッキュ@いのちのたま

特性:ばけのかわ 性格:ようき

技構成:じゃれつく、ゴーストダイブつるぎのまい、かげうち

実数値:131(4)-142(252)-×-100-125-162(252)

調整:ASぶっぱ

無難に強いアタッカー。このパーティーでは唯一の先制技持ちのため選出段階で試合の展開上先制技が必要になると判断した場合は必ず出していた。

f:id:vaapad007:20200204151304j:plain
ドリュウズきあいのタスキ

特性:かたやぶり 性格:ようき

技構成:じしん、がんせきふうじ、アイアンヘッド、つのドリル

実数値:185-187(252)-81(4)-×-85-154(252)

調整:ASぶっぱ

電気の一貫をきるタスキ持ち。
今期は数的有利さえとればそのままTODに持ち込めるためつのドリルで採用した。
ドリルを撃ちたい相手に対して試行回数を稼ぎにくいため交換読み以外はまったく撃てないが、それでも崩せない並びに「最低」3割で勝てるのは強かった。

f:id:vaapad007:20200204151326j:plain
トゲキッス@ラムのみ

特性:てんのめぐみ 性格:おくびょう

技構成:エアスラッシュマジカルシャイン、わるだくみ、だいもんじ

実数値:161(4)-×-115-172(252)-135-145(252)

調整:CSぶっぱ

欠伸の一貫を切れる状態異常でとまらない崩し兼ダイマックスエース。
相手がダイマックスを切るか否かで対面の有利不利が大きくかわるため、悪巧みを積めた場合でも相手にダイマックスを切られたら負けると判断した場合は素直に裏のポケモンに下げるなど極力慎重なプレイングに徹した。

【レンタルパーティー
f:id:vaapad007:20200204175822j:plain
選出は相手の構築にあわせて対応選出をしていましたが
迷ったら
ロトム(先発)+カビゴン+@1

カビゴン(先発)+水ロトム+@1

で問題ないと思います。

【結果】
f:id:vaapad007:20200204180449j:plain
f:id:vaapad007:20200204180540j:plain



ここまで読んでいただきありがとうございました!


追記
カビゴンのB実数値の表記に誤りがございましたので修正しました。